miniminiあさひかわ 旭川のお部屋探しサイト

miniminiあさひかわ HOT LINE

  • 2012/09/11

    川の街旭川~美瑛川

    美瑛川(びえいがわ)は、北海道上川郡美瑛町から旭川市にかけて流れる石狩川の支流である。全長67.6kmで、このうち管理区間の延長は44.4km。

    十勝岳連峰のツリガネ山水源とし、十勝岳連峰を東西に、白金温泉、美瑛町を流下し旭川市街で忠別川に合流する。忠別川は美瑛川との合流点から1kmほど下流で石狩川と合流する。上流の十勝岳活火山であるため、砂防施設の整備も進めている。

    旭川市の四大河川(他の3つは石狩川、忠別川、牛朱別川)の中では、石狩川に次いで2番目に長いが、一方で石狩川と直接合流しない唯一の河川でもある。

  • 2012/09/11

    川の街旭川~忠別川

    忠別川(ちゅうべつがわ)は、北海道上川総合振興局管内を流れる一級河川。石狩川水系の支流である。大雪山系を源とし上川盆地南部を流域とする。忠別とはアイヌ語で「チウ(波のある)・ペッ(川)」を意味する。

    北海道上川郡美瑛町東部の上川郡上川町との境界にある忠別岳の北西斜面に源を発し、白雲岳や旭岳から支流を集める。天人峡温泉から忠別ダムを経て上川盆地に入り、美瑛川を合わせて間もなく、石狩川へ合流する。

    上中流域には江卸・新忠別・志比内の各発電所がある。中下流域では遊水池が多く見られ、水田が広がっている。

  • 2012/09/11

    川の街旭川~石狩川

    石狩川(いしかりがわ)は、北海道中西部を流れ日本海へ注ぐ石狩川水系本流の一級河川である。流域面積は 14,330km² で利根川に次いで全国2位、長さ268km は信濃川、利根川に次いで3位である。北海道遺産に選定されている。

    北海道上川郡上川町河東郡上士幌町との境界にある大雪山石狩岳の西斜面に源を発し、ここから上川盆地石狩平野を経て石狩市石狩湾へと注ぐ。この間に上川地方(塩狩峠以南)・空知地方・石狩地方の22の市町村を通過する。空知川千歳川などの支流を含む流域内市町村数は48、流域内市町村人口は約308万8千人である(平成12年国勢調査)。

  • 2012/09/11

    旭川の橋~旭橋

    ■旭橋概要
    橋長
    224.82メートル
    橋員
    18.3メートル
    橋梁形式
    ブレーストリブ・キャンチレバー・タイドアーチ橋
    設計者
    北海道大学工学部 吉町 太郎一 博士(1873~1961)
    着工
    昭和4年11月
    竣工
    昭和7年11月3日
  • 2012/09/11

    旭川の橋~ツインハープ橋

    <ツインハープ橋‐斜張橋>

    斜張橋とは橋の形式の一つで塔から斜めに張ったケーブルを橋桁に直接つなぎ支えるもの。
    ケーブル同士が平行に張られた物をハーブ形式という。
    斜張橋は中央部分を吊っているため、効果的に部材重量を軽減できることから、経済的でスレンダーな構造物を造ることができるという特徴を持っています。
    日本では台風や地震が多いため普及は遅れました。
    西洋ではヨーロッパの城門にある巻上げ式跳ね橋が斜張橋と言える

PAGETOP